2019年08月12日 猛暑の中サビキ釣り(若洲海浜公園)

釣行時間:06:00~10:00

三連休最終日。

シーバスが釣りたいが、猛暑のためかあまりいい噂を聞かない。

昨日もマゴチで坊主をくらったばかりなので、とりあえず釣れる魚を釣りたい。

と、いうことで若洲海浜公園にサビキ釣りに出かけました。

堤防が開場前の時間に到着したので、長い堤防に誰もいない珍しい光景が。

若洲海浜公園は竿が2本までなので、1本はトリックサビキ、1本はアオイソメのぶっこみで竿を出します。

サビキをされる方には、「トリックサビキ」を推奨します。

釣果も全然違いますし、置き竿にして休んでいても釣れるので、おすすめです。

第一精工 スピード餌ツケ器W 受皿付
第一精工
¥445(2020/06/06 01:37時点)
おすすめエサ付け機
Marufuji(マルフジ) P-571 改良トリック7 朱塗 6号
マルフジ(Marufuji)
¥352(2020/06/06 01:37時点)
トリックサビキの定番仕掛け

サビキ釣りなので、コンスタントにサッパが釣れて行きます。

食べる分にはちょうどいいかな~という数が釣れたあたりで、天気予報に反して土砂降りの雨が降り出したので納竿としました。

帰宅して、大好物の南蛮漬けを作ります。

南蛮漬けは豆アジが有名な気がしますが、サッパで作る南蛮漬けが私の中では間違いなくNo1です。

内臓だして、片栗粉付けて。

じっくり揚げて。

野菜やタレに付け込んで完成。明日以降に食べていきます。

※真夏の日中での釣りは、熱中症に必要以上に注意してください。

 水分・塩分補給は当然として、定期的に涼しい場所で休憩をして体を冷やしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました